水分をたっぷりとチャージ! 夏が来る前に知っておきたい「湿活」のこと

Moisturizing / 32℃

Beauty

お肌や喉がカサカサすると、気分がダウンしがち。でも、乾燥に負けない体って、どうやってつくればいいの?そう悩む人におすすめなのが、美容雑誌でも取り上げられはじめた「湿活」。実はこの湿活、冬だけじゃなく夏にも関係するんです。今回は、その基本から潤いに効くおすすめアイテムまでお届けします。

Writer:流石香織 / Photographer:橋本千尋

目次

  1. その悩みは“乾燥”のせいかも。「湿活」って何だろう?
  2. 湿活には大きくわけて「中」と「外」があります
  3. 乾燥に影響するのは、季節によって変化する「湿度」
  4. 夏にも湿活が必要なワケ
  5. 編集部おすすめ「保湿ケア」アイテム
    ジェニフィック アドバンスト ハイドロジェル メルティングマスク/ランコム
    スチーマー ナノケア/パナソニック
    つや玉ミスト/エリクシール
  6. 編集部おすすめ「UVケア」アイテム
    バイシンUV/ジョンソン・エンド・ジョンソン
    ミーファ フレグランスUVスプレー/MIEUFA(ミーファ)
    レディース 折りたたみ傘 日傘・晴雨兼用傘/小宮商店
  7. まとめ

その悩みは“乾燥”のせいかも。「湿活」って何だろう?

温活、朝活、婚活……と、巷にはいろいろな「◯活」が溢れています。そのなかで、ここ最近、注目を集めているキーワードが「湿活」です。これは文字どおり、体の内外の水分を保つこと。

注目を集める理由は、いろいろな部位の乾燥に悩む人が多いから。例えば、喉の乾燥で痛みや違和感を感じたり、咳が止まらなくなったり。また、肌が乾燥すると、かゆみやニキビなど、肌トラブルの原因にも。花粉症で目の周りをこすったりして、乾燥肌を招く人もいます。そのように気になる部位に湿活をすれば、乾燥を防ぐことができるんです。

湿活には大きくわけて「中」と「外」があります

乾燥は体の「中」だけじゃなくて「外」にも関係するものです。だから湿活では、その両方を潤していきましょう。

体の中で乾燥する部分と言えば「口」や「喉」。そこが乾いた状態は「ドライマウス」と呼ばれます。口内の潤いを保ちたいときは、濡れマスクやトローチ、うがい薬などを使うのが◎。ほかにも、体の中で乾燥するのは「目」です。目を守るために必要な涙の量が足りないと「ドライアイ」になります。目の乾きが気になったら、目薬や加湿器、保湿用メガネを使うのがおすすめです。

つづいて、体の外側の乾燥をチェックしてみて。肌の潤いが不足する「乾燥肌」に悩む人は少なくありません。肌の湿活でできることは、スキンケア商品でたっぷりと保湿したり、日焼け止めや日傘などで紫外線対策をしたりすることです。また、「髪のぱさつき」も気になるところ。髪に湿活をするなら、トリートメントやヘアパックなどで髪の内部に必要な潤いを届けるほか、髪用の日焼け止めスプレーや日傘で紫外線対策するのも◎。

乾燥に影響するのは、季節によって変化する「湿度」

あらゆる部位の乾燥に大きく影響するのが、外気の「湿度」です。湿度と乾燥との関係を「肌」を例にして考えてみましょう。

肌に良い湿度は65〜75%で、湿度60%以下では肌が乾燥してしまいます。とくに乾燥する冬の季節、日本で湿度が低い地域といえば「太平洋側」です。その理由は、日本海側から「湿気を失って冷たく乾燥した空気」が吹き付けるから。

次の図のとおり、全国的に見て平均湿度が低い東京都の12月~2月は、2019年から過去5年間の平均湿度が60%を下回っています。乾燥には注意が必要です。また、日本海側の地域でも、空気中に含まれる水分量が少ないので、油断はできません。

気象庁 | 気象データ「東京 年ごとの値 詳細(気温・蒸気圧・湿度)」
気象庁 | 気象データ「東京 年ごとの値 詳細(気温・蒸気圧・湿度)」参考

では、湿活したほうがいいのは、湿度の下がる冬だけなのでしょうか? その答えは「NO」。乾燥の原因は、これからはじまる夏にも存在します。

夏にも湿活が必要なワケ

夏に、乾燥による「肌のテカリ」を感じたことはありませんか? そうなるのは、肌の内部が乾燥して、それを潤わせようと過剰に皮脂が出てしまう「インナードライ肌」になっているから。夏にも「湿活」は必要なんです。

ただ、どうして湿度が高い夏にも、肌は乾燥してしまうのでしょうか? それは「紫外線」が肌の保湿機能に影響を与えるから。紫外線によって、肌のバリア機能と水分保持能力は低下してしまいます。その結果、乾燥しやすい状態に。また、微量の紫外線を繰り返し浴びただけでも、肌はその刺激が内側に侵入するのを防ごうとします。その結果、肌の表面には余分な角質が滞り、さらに乾燥しやすい状態になるのです。

このように肌に悪影響を与える紫外線は、1年中降り注いでいます。とくに紫外線が強い季節と言えば「春」と「夏」。紫外線の強さは、紫外線が人体に及ぼす影響の度合いをわかりやすく示すために「UVインデックス」として指標化されています。その数値の見方は、次の図のとおりです。

気象庁 |UVインデックスに応じた紫外線対策(参考:環境省「紫外線環境保健マニュアル」)

2019年から過去5年間の平均を確認してみると、UVインデックスが「強い」とされる6の値に近い数字になっているのは5月〜8月。その期間は、とくに紫外線対策を心がけましょう。

UVインデックスに応じた紫外線対策
気象庁 | 気象データ「紫外線のデータ集」参考

また、夏に肌の乾燥が起きるのは「冷房病(クーラー病)」の影響もあります。冷房病とは、「エアコンの使い過ぎ」や「温度差の激しい場所の行き来」によって、体温調節がうまくできなくなること。エアコンから送り出される乾燥した冷気によって、肌は水分を失って乾燥してしまうのです。その結果、体温調節もうまくできなくなります。

このような理由から、夏にも湿活は必要です。「保湿ケア」と「UVケア」で、肌を乾燥から守りましょう!

編集部おすすめ「保湿ケア」アイテム

今回は、保湿ケアにぴったりのアイテムを編集部がピックアップ。ふだん使っている基礎化粧品に、プラスαできるスペシャルケアアイテムをご提案します。

ジェニフィック アドバンスト ハイドロジェル メルティングマスク/ランコム

1枚(28g)・1,400円 / 7枚(28g×7)・9,500円
肌のバリア機能を強化して、外部ストレスに対する抵抗力を高め、肌への水分補給を強化します。ハイドロジェルのビーズに包まれたマスク1枚に、ジェニフィック アドバンストのボトル1本分のビフィズス菌エキスを配合。求める効果に合わせて、10〜30分塗布するシートマスクです。

スチーマー ナノケア/パナソニック

EH-SA3A オープン価格
デイリー使いしやすく、たっぷりのミストで湿活できる美容家電といえば、スチーマーの「ナノケア」。新しく登場した「EH-SA3A」は、ナノサイズのスチームが角質層まで浸透して、肌に潤いを与えます。「アロマタブレット」もいっしょに使えば、香りに癒やされながら湿活できるんです。

つや玉ミスト/エリクシール

80ml・1,800円
瞬時に「つや玉」が輝く肌になれる、メイクの上からも使える美容液。日中の乾燥が気になるときや、外出先で肌の調子がイマイチなとき、顔全体にスプレーすれば、たっぷりの潤いとハリを与えてくれます。美容水層と美容オイル層が混ざり合って、メイクを崩さずに肌を潤わせることができるのも◎。

編集部おすすめ「UVケア」アイテム

夏の乾燥を防ぐために、紫外線ケアのアイテムにも注目して。普段使っている日焼け止め以外にも、紫外線対策できるアイテムをご提案します。

バイシンUV/ジョンソン・エンド・ジョンソン

10ml【第2類医薬品】 968円
紫外線を浴びた角膜の表面を保護する「コンドロイチン硫酸エステルナトリウム」を配合した目薬です。「硫酸亜鉛水和物」の収れん効果で、傷ついた組織の回復を促進し、紫外線などによる炎症に効果を期待できます。充血クリア成分「塩酸テトラヒドロゾリン」を配合しているから、紫外線で日焼けした目の充血にも◎。

ミーファ フレグランスUVスプレー/MIEUFA(ミーファ)

80g・全7種 1,200円
SPF50+、PA++++で、肌と髪を紫外線から守ってくれる、フレグレンスUVスプレー。UVケアだけではなく、香りにもこだわっているのが特徴です。香りは「オリエンタルジャスミン」「テンダーリリィ」などの6種類と無香料の全7種類をラインナップしています。

レディース 折りたたみ傘 日傘・晴雨兼用傘/小宮商店

紫外線防止のための日傘には、職人の手で丁寧に作られた「小宮商店」の傘がおすすめです。その特徴は、使う人のことを考えて、細部までこだわりを持って作られていること。例えば、傘を開くときに手を傷めないように工夫されていたり、防水の精度を高めるための工夫がされていたり。ファッションの一部として取り入れられる、デザイン性の高さも魅力です。

まとめ

体の中と外を潤す「湿活」は、乾燥から身を守りたい女性にとって、欠かせないキーワードになるかもしれません。肌や髪に乾燥を感じない生活が手に入れば、心もハッピーになるはず。心身ともに潤いを感じたい人は、ご紹介したアイテムを使いながら湿活にトライしてみては?

produced by

フリーライター 流石 香織

1987年生まれ、東京都在住。2014年からフリーライターとして活動。ビジネスやコミュニケーション、美容などのあらゆるテーマで、Web記事や書籍の執筆に携わる。
https://ka-edit-it.jimdo.com/works/

Share on