中性重炭酸泉のチカラで身体を内側から温める。
話題の入浴剤「BARTH」はなぜすごいのか?

BARTH / 40℃

Beauty

1年ほど前から口コミで「眠れすぎてヤバイ!」と話題になっている入浴剤「BARTH」をご存知ですか? 美容サイトや雑誌でもベストコスメとして取り上げられ、愛用者を増やしている「BARTH」はなぜ人気なのか? 驚くべき効果について、「BARTH」を展開する株式会社TWOの武田瞳さんと柴野莉沙さんにお話を伺いました。

Writer:末光京子 / Photographer:橋本千尋

お風呂を贅沢な時間にしてくれる入浴剤

入浴剤「BARTH」の画像

古くから自然療法で使われてきた中性重炭酸泉を家庭のお風呂でも簡単に体験できるように開発された「BARTH」は、美容に敏感な女性だけでなく、男性からの支持も得ています。さらに、必要のない成分を配合しないという方針から商品は、無香料・無着色で、お子さんのいる子育て中の家庭での支持も得ています。その秘密は「中性重炭酸泉」ということで、まずはこの成分がどう身体にいいのかについて教えていただきます。

BARTHは“中性重炭酸泉”を家庭でも手軽に取り入れられるようにしたいという想いから生まれたと伺ったのですが、まず“中性重炭酸泉”とはどんなものなのでしょうか?

武田瞳(以下武田):簡単に言えば、温泉の一種なのですが、天然の中性重炭酸泉というのはすごく珍しいんです。炭酸泉は世界中に広くあるのですが、その中でお湯が中性の重炭酸泉というと数カ所しかなくて。その中のひとつである、ドイツのバート・ナウハイムにある天然の中性重炭酸泉は健康維持や疲労回復の効果があるということで、約150年以上も前から温泉療養地として知られているんです。「若返りの湯」とも言われている中性重炭酸泉を手軽に生活に取り入れられるように開発されたのが「BARTH中性重炭酸入浴剤」です。

中性重炭酸泉のどんな成分が身体にいいんですか?

武田:炭酸はお湯の中に溶けると、重炭酸イオンというものに変わるんですけど、お湯の中に重炭酸イオンが多く溶け込んでいる状態が体にとってすごくいいと言われています。炭酸入浴剤というと、ブクブク出てくる泡が肌を刺激して血行を促進するイメージがあるかもしれませんが、重炭酸泉はお湯に溶け込んだ重炭酸イオンが血管を拡張させることで血行を促進する効果があると言われています。

柴野莉沙(以下柴野):実は、泡がブクブク出るのは、炭酸が気泡としてお湯から抜けてしまっているということなんですよ。「BARTH」はお湯の中にしっかりと重炭酸イオンを溶け込ませることが重要だと考えているんです。一般的な炭酸入浴剤ですと、お湯に溶け込む炭酸イオンの量が2~3割くらいで、かつ短期間でお湯から成分が抜けてしまうんですが、「BARTH」は8~9割も溶け込ませることができ、さらに24時間以上ほぼ同じ状態がキープされるので長い時間、効果を感じていただけます。夜入浴して、翌朝追い焚きして入っていただいても大丈夫です!

入浴剤「BARTH」の画像

なぜ「BARTH」は重炭酸イオンをお湯に溶け込ませることができるのでしょうか。

柴野:技術的な話になりますが、一般的な炭酸入浴剤を入れたお湯は酸性に傾きやすくなるんです。でも、重炭酸イオンをお湯に溶け込ませて逃さないためには、お湯を中性に保つことが重要です。「BARTH」は独自の製造方法で錠剤が溶けるスピードをコントロールすることで、お湯を中性に保つことができるようになっているんです。

確かにゆっくり溶けていく気がしていました。その技術のおかげで、貴重なお湯が自宅でも味わえるんですね。重炭酸イオンの効果としては、血流がよくなるということなのでしょうか。

武田:重炭酸イオンが溶け込んだお湯にしっかりと浸かると、血流量が増えて体温が上昇します。一般的に体温が0.5℃上がると、免疫力が5~10%上がると言われています。血流を促して体温を上げたり、冷やさず保つことは、風邪や病気の予防などにつながります。それに血流がよくなると、古い細胞が生まれ変わるターンオーバーが整えられるので、美容にもいいんですよ。体内に溜まった老廃物や疲労部質を押し流してくれるので、体のリカバリー力が高まり、疲労回復にも効果があると言われています。そして、睡眠です。BARTHを試していただいた方のTwitterを拝見すると、「熟睡できた」「こんなに寝られたのは久しぶり」と言ってくださる方が多くいらっしゃいます。

40℃以下のお湯にゆっくり浸かって基礎体温アップ!

入浴剤「BARTH」の画像

確かにBARTHを溶かしたお風呂に入った日はぐっすり眠ることができて驚きました。よりよい睡眠を得るための“睡眠に効く入浴法”を教えてください!

武田:「重炭酸バルネオトリートメント温浴法」というものがありまして、40℃以下のぬるめのお湯に15分以上浸かっていただくことをお勧めしています。入浴時間と血流の関係を調べると、38℃のお湯に10分間入浴した時、重炭酸イオンが溶け込んだお湯の場合、水道水を使った場合より血流量が3倍以上増えるんです。

柴野:ベストセラーになった『スタンフォード式最高の睡眠』の著者である西野精治先生が、睡眠に炭酸泉の入浴がおすすめとおっしゃってくださっているのですが、先生によると、入浴後の90分~120分が睡眠のゴールデンタイムなんだそうなんです。入浴することで深部体温を一回ぐっと上げると、その反動でぐっと下がる。その上げ下げを利用することでスムーズに入眠できるんです。

ただ、熱いお風呂は湯疲れしてしまうので長く入れないですよね。だから、一番いいのがぬるめの炭酸泉なんです。炭酸泉なら、ぬるめでも普通のお風呂以上に血流を促進させてくれて、なおかつ湯疲れしにくい。最初、BARTHは熟睡できるということで話題になったのですが、裏にはそういうロジックがきちんとあるというのが、BARTHの強みだと思っています。

では逆に、よい睡眠のために入浴後やってはいけないことってありますか?

武田:ぐっすり眠っていただくためには、BARTHで入浴した後は寝る準備に入ってもらいたいので、目が冴えるようなことは避けていただきたいです。勉強や仕事、それからスマホはブルーライトが目を覚醒してしまうので、避けてもらえたら。

柴野:それから、入浴後は通気性のよいパジャマを着るとよいとされています。入浴後に体温を下げるためには、手足から熱放散させることが重要なんだそうです。そのためには締め付けがなくて風通しのいいパジャマがおすすめです。そういう意味では、靴下は熱放散を妨げてしまうのでNGです。冷え性で靴下を履いて寝ている方も多いと思うのですが、寝る直前に脱いでいただいたほうがよいです。

パジャマは理論的にも睡眠に向いているんですね。

柴野:パジャマの形状ももちろんそうなのですが、同じものを寝る前に着てルーティン化することも大事なようです。脳に「これを着たら寝る」とルーティンを覚えさせると、パジャマを着たら睡眠のスイッチが入るようになる。アロマなども同じで、「この香りは寝る時の香りだ」と脳に覚えさせるのが、いい睡眠を作るポイントです。

株式会社TWO 武田瞳さんと柴野莉沙さん
株式会社TWO 武田瞳さんと柴野莉沙さん

BARTHに関する口コミを見ていると、睡眠にまつわる感想以外にも、いろいろな使い方をされている方を見かけますよね。

武田:そうですね。BARTHは重曹やクエン酸が入っているので美肌効果もあるのですが、溶け込んだお湯を顔にパシャパシャかけたら肌がツルツルになったと言う方や、髪の毛や頭皮に揉み込んだら髪の毛がサラサラになったと言う方などもいらっしゃって。BARTHは入浴剤ですが、単に身体を温めるだけではなく、さまざまな効果を感じていただけるのもBARTHのいいところかなと。

顔や髪の毛にも効果があるんですか??

柴野:そういうツイートはよく見かけます。

武田:皆さんのツイートをチェックしていると、私たちの方でも「そういう使い方があったのか!」と驚くこともあって。「1錠だけ洗面器のお湯に溶かして顔や髪を洗っています」という方もいらっしゃるんです。

柴野:「クレンジングの後、BARTHのお湯ですすぐとすごく化粧落ちがいい」という方も。こちらでは予想していないような声だったので驚きました。BARTHには、入浴剤の他、洗顔パウダーとフェイスマスクがありますが、スキンケア商品を開発するに至ったのも、そういう声があったからという部分は大きいです。

入浴剤として使って効果を実感しているからこそ、さらなる使い方を探究されるんでしょうね。実際にお二人はBARTHを使って効果を感じていますか?

武田:私はすごく感じています。冬場でもボディクリームを使わなくてよくなったんですよ。

柴野:私は1年くらい風邪をひいてないですね。

武田:そういえば私もです。BARTHを使う前は、毎年冬に1、2回熱を出したりしていたんですが、気がついたらそれがなくなりました。

体温が上がって免疫力がアップしているということですね。それにお二人ともすごくお肌がきれいです。

武田・柴野:BARTHのおかげですかね(笑)。

入浴剤だけじゃない! BARTHの新たなラインナップ

入浴剤「BARTH」の画像

口コミだけで、こんなに人気が広がっているというのがすごいですよね。

武田:1年前くらいに、BARTHについての投稿が自然に盛り上がって、一時は商品が欠品することもあったほどでした。でも、私たちは心と体を健康にするにはどうしたらいいのかということをまず始めに考えているので、ただ入浴剤を売りたいと思っているわけではないんです。疲労回復・リカバリーの手段は数あれど、その選択肢としてBARTHを選んでもらえると嬉しいと思っていて。「BARTHがあるからお風呂に入ろう」「ぐっすり眠りたいからBARTHで入浴しよう」というように、BARTHがみなさんのリラックスのきっかけになればいいなと思っています。

入浴剤「BARTH」の画像

今後、新商品など、さらにラインナップを展開される予定はありますか?

武田: BARTHは、「重炭酸」がコアな機能としてあるので、入浴剤だから入浴剤の周辺アイテムを闇雲に増やそうとは全然考えていません。重炭酸がより機能するもの、もしくは商品の効果をより引き出せるアイテムがあれば商品化したいと思っています。

また口コミから何か広がる可能性もありそうですね。

柴野:本当に口コミは参考にしているので、今後はそういう開発もしていきたいですね。

武田:皆さんの口コミを拝見すると、BARTHのことをすごく好きだから、使い方を工夫してくださっているのがわかるので、そういうBARTHマニアを増やしていけたらいいなと思います!

「BARTH」の画像

今回お話を伺い、よい睡眠、よい入浴をするためにどんなものが必要か?という視点から考える商品開発のコンセプトはとても素敵だと思いました。まだ試したことがないという方は、ぜひ一度BARTHのお風呂に入って重炭酸泉イオンのチカラを実感してみてください。本当にぐっすりと眠れてしまうので、忙しい方は目覚まし時計をお忘れなく!

Information

BARTH

BARTH

中性だからできる豊富な重炭酸イオンで、血流を促し、疲労回復・体温の上昇をサポートする入浴剤(160Lのお湯に3錠を目安に使用)。
疲労回復・肩のこり・腰痛・冷え症・神経痛・リウマチ・痔・産前産後の冷え症・うちみ・くじき・あせも・しもやけ・荒れ性・ひび・あかぎれ・にきび・しっしんなどに効果的。
3日用/10日用/30日用の3サイズあり。
https://barth.jp/

produced by

マガジンど 編集部

あらゆるものの温度について探究していく編集部。温度に対する熱意とともに、あったかいものからつめた〜いものまで、さまざまなものの温度に関する情報を皆さんへお届けします。

Share on